シュリンクフィルム事業の課題解決から生まれた発明

パーフェクトスクリューイメージ

一体化による作業効率アップ、管理コストダウン

シュリンクし一体化することでご使用頂けるお客様に作業面、管理面に多くのメリットがあります。作業面では、上下ナットを一度にねじに取り付け手締めも可能です。、また、締めた後の増し締め確認は締結作業に必ず行う作業ですがシュリンクフィルムにミシン目を入れておくことにより、最後の上ナットを占めたときミシン目が破れることにより増し締め確認がより確実なものになります。また、管理面では、シュリンクフィルムにM8→赤など色付けすることにより色で分かりますので作業性も含め管理が容易になります。シュリンクされていますので上下ナットが一体で管理できるために在庫管理も容易です。

また、長期間在庫や使用場所により防錆効果が必要な場合はシュリンクフィルムの内側に防錆オイルを入れるなども可能となります。

パーフェクトスクリューイメージ2

Wクサビ効果の高い締結力

パーフェクトスクリューイメージ3

パーフェクトスクリューの締結力はクサビ効果によって生まれます。

上ナットの「凹みテーパー部の軸芯」を僅かに傾けた事により締結部の密着部がより広くとれ、これにより、Wクサビ効果が得られ「緩まない」強力な締結力が生まれます。

JQA試験で証明された性能

パーフェクトスクリューイメージ4

試験前

パーフェクトスクリューイメージ5

試験後

パーフェクトスクリューイメージ6

JQAに依頼し振動試験を行いました。決められた試験条件の下で、17分間で締結状態がどうなるのか?

緩むか緩まないかはナットが360度以上回転したかどうかにより判定されますが、17分間全く緩みませんでした。また、試験後の戻しトルクは20%上昇が確認され『緩まないペアナット』の証明がされました。